【3分で分かる】Audible(オーディブル)は全部無料?注意点や最低限知っておきたいこと|30日間で聴きたいおすすめ書籍

Audible(オーディブル)無料体験.jpg 本/読書

Audible(オーディブル)とは『Amazon』が提供する プロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです。移動中や作業中など、いつでもどこでも読書ができ、オフライン再生も可能な 新しい形の ”聴く”『読書』です。

>> 30日間の無料体験中!本が聴き放題のAmazon『Audible』(オーディブル)

月額1,500円を払えば 本を『聴き放題』できます。
30日間の無料体験期間があり、期間内に解約すれば『無料』で聴き放題を試せます。
縛りもありません。

この記事では Audible(オーディブル)について最低限知っておきたい情報をザックリと解説しています。

この記事でわかること
・書籍の保有数はどれくらいなのか
・本当に無料で聴けるのか
・注意点はあるか
・始める上で最低限知っておきたいこと

今回は【時間がない】【時間をかけたくない】方に向けて、これだけは始める前に知っておいて欲しいということをまとめました。


より、詳しく『Audible』(オーディブル)の 機能・メリット・デメリットを知りたい方は、別記事があるので参照してみてください。

( 記事の最後にも載せています。)

● 結論:全部無料ではない

Audible(オーディブル)は全ての本が無料で聴き放題できるわけではありません。

Audibleには 約40万冊以上の 書籍が 保有されています。その中で『聴き放題』ができる書籍の数は、その内の『約12万冊』です。

約12万冊以外の『聴き放題できない』書籍は、『購入』が必要となります。
ただし、会員なら定価の約 30%の割引価格で購入することが可能です。


・聴き放題対象の本
『月額1,500円』(無料体験期間はここが無料)のみ

・聴き放題対象外の本
『月額1,500円』(無料体験期間はここが無料)+ 別途『30%割引の金額』


会員でない方は『月額1,500円』(聴き放題)なしで、欲しい本のみ単品購入(割引なし)することになります。

ちなみに、一度購入した書籍は『解約後』も手元に残すことができるので、何度でも繰り返し読むことができます。

>> 30日間の無料体験中!本が聴き放題のAmazon『Audible』(オーディブル)


● 注意点

自動更新されてしまう

無料体験期間が終わると、自動で『有料会員』となってしまいます。

無料期間中に きちんと『解約』すればまったく問題ありませんが、うっかり忘れると『月額1,500円』かかることになるので気をつけましょう。

対策とししては、『無料体験登録 →即解約』しましょう。
即解約しても、30日間 問題なく使い続けることができるので、これなら自動更新されることもなく安心して使えます。

定価価格が違う

Audible(オーディブル)の定価価格は『読む書籍』と比べて高めの傾向にあります

Audibleは『聴く本』としてプロのナレーターが朗読していることもあり、普通の『読む』書籍と売られている価格が 違うということは認識しておきましょう。

会員であれば30%OFFですべての本が購入できる』とありますが、元々の定価価格が高めなので、値段的には普通の紙書籍と対して変わらないか、若干高くなりがちなので注意しましょう。


●『聴き放題』会員になることをおすすめする理由
非会員
で『単品購入』も もちろん良いですが、もし『お得に使いたい』『たくさん聴いてみたい』と思う気持ちがあるのなら Audible会員がとにかくお得です。

なぜなら『聴き放題』は月2、3冊 聴けば、十分元が取れるからです。
その上 非会員にはない 30% OFFで『聴き放題対象外』の本が購入ができます。

そして、仮にあなたが『聴き放題』で月3冊以上 聴けば 聴くほど、(通常 紙または電子で買っていたら かかるはずだった分の)浮いたお金を、対象外の本の購入に当てることができるのです。


聴き放題』か『そうでないか』は一目で分かりますし、価格もしっかりと表示されているので、そこは安心して使うことができます。

>> 30日間の無料体験中!本が聴き放題のAmazon『Audible』(オーディブル)


● 30日の無料期間で読みたい書籍

Audible(オーディブル)の『検索機能』は非常に優秀で、私がおすすめ書籍を挙げずとも『初心者が 迷わないような検索ができるようになっています。

例えば、タイトルや著者名 検索だけでなく『ナレーター』や『キーワード』で検索できるのはもちろん、『カテゴリー』『再生時間』『言語』『聴き放題対象本』など 絞り込みも豊富でとにかく見やすく分かりやすい作りとなっています。


私のおすすめの『検索方法』は、『著者名』での検索です。


今回紹介する本は『ビジネス系』が多いですが、『文学』や『健康本』『趣味』などのカテゴリーが豊富なので、まずは検索だけでもしてみてください。

また、同じ作者でも『読み放題』とそうでないものもあります。あなたに合った 有料級の情報をゲットしましょう。

【おすすめの著者】
・堀江貴文
・本田健
・西野亮廣
・ひろゆき
・鴨頭嘉人
・メンタリストDaigo
・浅見帆帆子

【おすすめの書籍】
・なぜかうまくいく人のすごい無意識
・ハリーポッター
・夢をかなえるゾウ
・思い通りに人を動かすヤバい話し方
・デール・カーネギーの人を動かす方法
・論語と算盤
・仕事は楽しいかね?

読む本に迷った時は『ベストセラー』や『ロングセラー』『新着タイトル』などから選んでみると良いですよ。

最近は SNSでも 有益な本を紹介してる人気アカウントがあるので、そこも参考にしてみてはいかがでしょうか。

たくさん紹介されていて、楽しいですよ。

>> 30日間の無料体験中!本が聴き放題のAmazon『Audible』(オーディブル)

本を探す流れ

参考になるか分かりませんが、私が本を探す時の流れを載せておきます。

本の種類によっては直接『紙本』を購入することもありますが、大抵はこの流れなので、参考にしてみてください。

● Audible(オーディブル)『読み放題対象』で探す

 

↓ 対象がなかったら・・・

● 電子書籍で探す
 ( Kindle Unlimited/ 楽天kobo)

↓電子を読んで・・・

● 手元に置きたいと思ったら『紙書籍』を購入

・Audible(オーディブル)『対象外』と『電子書籍』で迷うこともありますが、本の内容や Audible会員限定 30%OFFの値段を 比較しつつ決めます。

・『電子書籍』は『Kindle Unlimited』がなければ『Kindle』か『楽天kobo』で購入します。

>> 30日間の無料体験中!本が聴き放題のAmazon『Audible』(オーディブル)


● まとめ一覧

今回はAmazonが提供している『Audible』(オーディブル)本の聴き放題サービス(主に無料体験)についてザックリとお伝えしました。

【時間がない】【端的に知りたい】という方向けに、最低限知っておきたい情報をまとめました。


【まとめ一覧】

・約40万冊すべてが『聴き放題』なわけじゃない。

・約40万冊のうち『約12万冊』が聴き放題対象本。

・それ以外(聴き放題対象外)は『購入』する必要がある。

・購入は会員なら『定価価格の30%割引』で購入できる。

・非会員でも単品の購入はできる。(ただし割引はなし。)

・定価価格は『少々高め』の設定金額が多い。

・『聴き放題』は月2、3冊も読めば 元が取れる。

・一度購入した本は解約後も繰り返し『聴く』ことができる。

・『無料期間』が終了すると『自動的』に有料会員(月額1,500円)となるので注意する。

・『無料期間登録→即日解約』すれば無料期間30日利用可能な上、終了しても自動更新されないので安心して使える。


より詳しく『Audible』(オーディブル)の 機能や メリット・デメリットを知りたい方は こちらの記事に更にまとめてありますので参考にしてみてください。


『紙』も『電子』も『音』も、どれも『』を楽しむため、あなたの人生をより豊かにするためのツールです。
自分の日常に合わせて、それぞれを 組み合わせて利用することが『読書』との上手な付き合い方だと思います。

良ければあなたも是非伝えてみてください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

>> 30日間の無料体験中!本が聴き放題のAmazon『Audible』(オーディブル)


タイトルとURLをコピーしました